もへちゃん先生の学級通信

一日お疲れ様です。もへちゃんクラスの1人になって、ちょっとホッとできる学級通信を読んでみませんか?

意見が分かれる問題に慣れていない私が、真っ二つに分かれたくまモン問題に対して出した結論

 くまモン問題も3度目(^^)

 あまり長引かせては、読者の興味を保てません。なので実際の通信は3回目で一応終了しました。

 英語が苦手な私がふと感じた素朴な疑問なので「正解は◯◯だ」と結論がはっきり出ると思っていたのですが、思いもかけず「in」派と「on」派に意見が分かれました。

 私が担当している数学は、どちらかというと白黒はっきりさせる学問です。そんな数学担当の私が、意見の分かれたこの問題をどう決着したと思いますか?

 それは読んでのお楽しみ(^^)

 それでは2018年11月19日に中3宛てに発行した通信を紹介します。

三度(みたび) くまモン問題

 学年だよりミニ101号で問題提起した、下の画像の状態は「くまモン in くまモン」か「くまモン on くまモン」か 問題

f:id:toshioh:20191110203930j:plain

下にくまモンTシャツ、上にくまモンエプロン着用

 学年だよりミニ107号で決着かと思いきや、その後、翔◯さんから次のような意見をもらいました。

翔◯さん
Mr Moheji is wearing a Kumamon apron on a Kumamon T-shirt.
 くまモンのエプロンを伝えたい場合、「on」を使うのがいいと思います。また「on」には「着用」の意味があります。

 う~ん説得力ある!
 107号以降も「on」派の人からの反論や、「やっぱり『in』やろう」派の人の意見が続いていました。

 そこで私はもっとたくさんの人の意見を聞いてみようと、フェイスブックに次のように書き込みました。

 

 学年だよりミニでの問題提起が、本校や他校の校長先生、さらには近隣の塾の先生まで巻き込んで、かなり話題になってしまい、結論を出せないままでいます。
 みなさんのお知恵もお借りしたい!
 こういう問題です。
 英語の苦手なもへちゃん、くまモンTシャツの上にくまモンエプロンを着てふと疑問
今の状態って「くまモン in くまモン」、それとも「くまモン on くまモン」のどっちだろう?
 英語の苦手なもへちゃんにわかるように説明してください。

 

 最初の卒業生のAさん(彼は46歳です)からは
 ハンバーグの中にチーズが入ってる物をチーズinハンバーグって言い、チーズonハンバーグやハンバーグinチーズって言わないので、くまモンinくまモンでいいのではないかな?
 保健体育が得意だったAでした(笑)
 基準が食べ物ですみません(^o^)/

 別の卒業生で、◯◯中で平和劇をスタートさせた1人のBさんからは
 もへちゃん  is wearing  くまもん(エプロン)on くまもん(Tシャツ)、
 もしくは、ダブルくまもん…でいかがでしょう?

 塾の先生をしているCさんからは
 英語プロの先生からは、やはりonとじゃないかと。
 inだと着ぐるみ?みたいな感じに取られるそうです。海外生活経験ある方です。

 卒業生で平和劇で活躍したDさんからは
 主語によって変わりそうですね。私は英語は苦手ですが、日本語だとくまモンの「下に」くまモン!というような表現もできるので、何を強調したいかで主語が変わり、それによって前置詞も変わるのかな~と思いました。

 仕事でよくお世話になるEさんからは
 どっちのクマモンを主語にするかで、変わるのでは?
 ちなみに、赤い服を着た女性をLady in red.と言います

 ここまで意見が分かれるとは(^^;)

 そこで私は,ネイティブスピーカーのALTの◯◯先生に聞くことにしました。
※ネイティブスピーカー…英語を母語とする人々
※ALT…assistant language teacherの略、外国語指導助手
 ◯◯先生は「う~ん…」しばらく間があった後、「onの方かな~」と言われました。
 悩まれている様子から、「どちらが正しいと決められないんだなぁ」と感じました。
 感覚的に「inの方がいい」と思う人もいれば「onの方がいい」と思う人もいるみたいです。

 似たような例(と言えるか、いまいち自信はありませんが)に、唐の時代、深夜の静かな山寺を詠んだ詩に「僧は推(お)す月下の門」というのがあり、作者は「僧は敲(たた)く月下の門」の方がいいか、すごく迷ったのだそうです。

f:id:toshioh:20191110192726p:plain

 静かさを際ただせるには、門を推す時の「ギーッ」という音か、門を敲く時の「トントン」という音か、どちらの表現がいいのかを悩んだのだそうです。
 ちなみに、このできごとから「推敲する」という言葉ができました。
※推敲…詩文の字句や文章を十分に吟味して練りなおすこと

 

 では翔◯さんにはお礼を!
 翔という字には、羽を使って空高く飛ぶという意味があります。きっと翔◯さんは将来、世界に向かって羽ばたく人なのでしょう。素敵な名前です。

 ちなみにフェイスブックで、初代もへちゃん組の卒業生、Fさんから
 くまモン並の笑顔が良いですよ…(笑)
と書き込みがありました。
 Fさんは1年生の担任をされている◯◯先生のおじさんにあたるらしくてビックリ!
世間って狭いなぁ。

 白黒はっきりさせる学問である数学担当の私が、意見が分かれるこの問題を決着させるのに使ったのは、漢文でした!

 いろいろ考えたのですが、なかなか思いつかず、なんとか思いついたのが中学か高校で学んだ「推敲」の話でした。

 他の例でよさそうなのがあれば、お教えください<(_ _)>