もへちゃん先生の学級通信の資料置き場

もへちゃん先生の学級通信はhttps;./.moheblo.comに引っ越しました

『学び合い』

リライトしました…受験当日のリスクマネジメント「遅延証明」

今回は、リライト記事です。 いよいよ受験が近づいてきました。 「なぜ勉強するのか」なんかを、今さら通信に書いても間に合わないと思いますが「受験当日に注意すること」を具体的に書いておくには、ちょうどいいタイミングだと思います。 本文は moheblo.c…

新記事です…全「同」教大会 で、大阪の学級集団づくりを学ぶ

今回は新記事です。 もへちゃんは「大阪の学級集団づくり」に憧れに近い感情を持っています。 そのことを書いた通信を https://moheblo.com/blog/wait-osaka/ で紹介しています。

リライトしました…『学び合い』シリーズ④、もへちゃんが「参りました」とたくさん言う授業

今回は、リライト記事です。 『学び合い』の考え方に基づいた授業と、アニメ「この音とまれ!」について。 本文は https://moheblo.com/blog/this-sound-is-rare/ です。

リライトしました…小中学校時代の友だちは不要か?それとも頼りになるのか?

今回はリライト記事です。 『学び合い』シリーズ③ 林修さんの番組で「小中学校の友人はクソ」というのがあってたので、『学び合い』を提唱した上越教育大学の西川純先生の「小中学校の友だちは頼りになる」という言葉と対比してみました。 本文は https://mo…

リライトしました…『学び合い』の考え方に惹かれた理由

今回はリライト記事です。 もへちゃんが、『学び合い』の考え方に惹かれた理由について https://moheblo.com/blog/atonement/ で書いてます。

新記事です…文科省が言う「学力とは」、学習委員長が言う「学力とは」

今回は新記事です。 受験勉強真っ只中の子たちに「学力とは」について問います 本文は https://moheblo.com/blog/what-is-scholastic-ability/ です。

リライトしました…入試の過去問の分析のしかた

今回はリライト記事です。 福岡県公立高校入試の数学の問題を分析すると、数学を苦手な子でも平均点をとらせる方法が見えてきます。 本文は https://moheblo.com/blog/lets-analyze-it-by-oneself/ です。

新記事です…歴史的な「あ~ね」…アルキメデスの言葉「ユリーカ(ヘウレーカ)」

今回は新記事です。 「あ~ね」「わかった」の歴史的な言葉と言えば、やはりアルキメデスの「ユリーカ(ヘウレーカ)」でしょう。 もへちゃんが影響を受けた八ッ塚実さんが書いた詩「ユリーカ」を引用した通信を https://moheblo.com/blog/eureka/ で紹介し…

新記事です…「あ~ね」実力アップ法

「あ~ね」「わかった」とつぶやくことの重要性と、そのつぶやきを引き出す授業法について https://moheblo.com/blog/the-useless-study-method/ に書きました。

新記事です…Stop The 就職差別(面接時の差別質問編)

今回は新記事です。 中3で行う就職差別をテーマにした人権学習(面接時の差別質問)について書いてます。 面接で差別質問された時の対処法もきっちり教えてます! https://moheblo.com/blog/stop-the-discrimination-selection/

リライトしました…解答編「3色問題(中3レベル)」から読み解く、2020年教育改革

3色服装問題の解説記事をリライトしました。 クイズとして出した3色服装問題でしたが、ちょっと表現を変えると、2020年教育改革以降の入試問題にもなり得ることとか、 『学び合い』の授業なら、そんなの平気だとか 書いてます😊 こちらですm(_ _)m https:…

今週は進路学習特集…新記事です(^^)…「就職試験で必要とされる人」

今週は進路学習特集をお送りしています。 今回は「就職試験で必要とされる人」について、新記事を書きました。 https://moheblo.com/blog/active-learning2/

今週は進路学習特集…今日は新記事「高校のアクティブ・ラーニングの授業と大学入試激変の関係」

今週は、進路に関する通信を紹介しています。 今回は「高校のアクティブ・ラーニングの授業と大学入試激変の関係」について書いてます。 https://moheblo.com/blog/active-learning1/

『学び合い』の考え方に出会う前に求めていた「学びの風土づくり」

土日祝日は、本来のブログの趣旨である「私が書いた過去の通信」を紹介しています。 今回紹介するのは、人権教育の研修なんかで時々使われる「学びの風土づくり」という言葉について書いた通信「道のべ No.3(1989年4月10日4発行)」です。 2の…

「メーデーとは①」…引っ越しましたm(_ _)m

この記事は、ここに引っ越しました。 https://moheblo.com/blog/do-you-know-mayday/

「受験は団体戦だ」という言葉をもっと早く知っていたら…いや、それだけではたりない!

「受験は団体戦だ」 という言葉は、一昨年(2018年)コマーシャルにもなっていたので、多くの人が知っているメジャーな言葉でしょう。 そのコマーシャルについては、すでにブログで紹介済みです ↓ moheji.hatenadiary.jp さて、私がこの言葉を初めて知っ…

私立高校入試の合格発表!合格した子ばかりならいいのだけれど…「不合格の子によりそう」とは

私の住むあたりでは、2020年の入試のスケジュールは以下の通りです。 高専入試(1/18) 私立専願入試(1/21) 私立前期入試(1/31) 公立特色化選抜(1/24、1/27) 公立推薦入試(2/6~7) 私立後期入試(2/8) 公立高校入試(3/10) 今は、私立高校や一…

1人だけ、まわりの子より早く受験する子がいる…その子のことを考えることは、自分たちの関係を考えること

私の勤務する地区での私立高校の前期入試は1月末~2月初旬です(その前に私立専願入試がありますが…)。 他県の私立高校の入試を受ける子もいたりすると、入試は1月末ではなく、もうこの時期(1月中旬)だったりします。 今回紹介するのは、まだ専願入試…

引っ越しました…受験当日のリスクマネジメント(危機管理)②「迷子」

この記事は moheblo.com に引っ越しました。 K-factoryさんによるイラストACからのイラスト

引っ越しました…受験当日のリスクマネジメント(危機管理)「遅延証明」

この記事は moheblo.com に引っ越しました。 umacoさんによる写真ACからの写真

『学び合い』の考え方で、学年通信を、あえて専願入試の日にねらって発行しました。なぜでしょう?

2017年にあったウィダーinゼリーのコマーシャルは、とてもいい出来でした。受験シーズンになる度に放送してほしいくらいです(^^) 前回のブログでは、三者面談の日に早く帰れたことをいいことに、小学校でサッカーした子へのメッセージとして使いました…

三者面談中、早めに帰宅した子たちが、小学校でサッカー…『学び合い』の考え方で指導すると

私が勤めている学校では、三者面談中の中3生は、5時間目まで授業をして、その後、面談待ちの子以外は帰宅させます。 5時間目は面談が始まっているので、その時間は自習です。私たち副任が廊下をうろうろすることになります。 そして5時間目終了のチャイ…

『学び合い』と「受験は団体戦だ」

学級通信や学年通信には、「発行するのに効果的な時期」がある内容の通信があります。 ふだん「月行事と一言コメント」くらいしか通信を出していない方にはわかってもらえないかもしれません。 この時期の中3生だと、三者面談の時期だからこそ、受験勉強に…

『学び合い』の考え方で、「三者面談」をとらえると

中学3年生はこの時期、三者面談です。 ドラマ 金八先生でも、三者面談の話は何度も描かれました。 自分の人生の進む方向を決める話し合い。 小学生時代と違って、夢ばかりを語れません。現実の自分を見つめる作業です。 子どもによっては厳しい現実(学力、…

引っ越しました…『学び合い』の考え方の授業にとりくむと、「参りました」と感じることが増え、それが嬉しくなります

この記事は https://moheblo.com/blog/this-sound-is-rare/ に引っ越しました。 「つかxだのyだの!こいつら正体隠しすぎじゃねぇ?もっと堂々と生きろよ!テレ屋か!」 「俺らそこまでおめーに興味ねぇかんな!」 「お前らはxとかyとかのことあっさり見捨て…

行事「合唱コンクール」、終わった後が大事だと思います③「破れた時こそ!」

合唱コンクールをはじめ、順位をつける行事では金賞(最優秀賞、1位…)を獲れないことはよくあります。というより、金賞を獲れる方が少ないのかもしれません。(私は、「金賞をよく獲る担任」だと自負していますが(^^)) 自負していても、金賞を獲れなかっ…

リライトしました…解答編「3色問題(中3レベル)」から読み解く、2020年教育改革

この記事は、こちらにリライトしました。 https://moheblo.com/blog/commentary-of-three-colors-of-problems/

合唱指導(必勝法)

昨日のブログで、具体的な合唱指導法を期待していたみなさん、ごめんなさい(_ _) まずは心だと思うので、先に「合唱指導 心意気編」を紹介しました。 けれど心意気だけではもちろん金賞は獲れません。子どもたちのやる気スイッチが入ったら、もう「気合いだ…

心がきついとき③

今日もまだ気怠いままです(^^;) 頭痛薬をのんで頭痛がすっと無くなるみたいになればいいのですが、心療内科でもらった薬はそんなふうに効いてくれません。 そこで今日も、弱音を吐いてる自分自身に言い聞かせるような通信を選びます。 逃げていい 逃げて怒ら…

自己紹介②(安室奈ちゃんと比べたら…)

私は通信を書くのはそんなに苦になりません。同僚からは「よくネタを思いつくねぇ」と言われますが、子どもたちにふだんおしゃべりするようなことを通信に書いているだけです。もちろん文字として書くので、推敲する際に「人権」だとか「労働」だとか「反戦…