もへちゃん先生の学級通信の資料置き場

もへちゃん先生の学級通信はhttps;./.moheblo.comに引っ越しました

冬休み・まんがまつり⑤「ONE PIECE…お前らが悪いと思う事なんて1つもねェじゃねェか!」

 子どもの頃「東映まんがまつり」なんてキャッチフレーズに惹かれて、映画を見に行ってたことをふいに思い出しました。

 そこで題名を「まんがまつり」にしてみました(^^)

 中味は今までと変わりません(^^;)

 

 前回、紹介したこれ ↓ は、2009年1月27日に発行した「1年1組学級記録 No.38」でした。

moheji.hatenadiary.jp

 今回、紹介するのはその2号後の2009年2月5日に発行した「1年1組学級記録 No.40」です。

闘い方

f:id:toshioh:20191229221045j:plain

ONE PIECE 51巻 第500話「歴史の残り火」より

 学級記録No.38に続けて、マンガ「ワンピース」(少年ジャンプ 集英社 尾田栄一郎作)から。

 差別の残る島にやって来た主人公ルフィは、友人になったケイミーやハチが差別されていることを知った。

「まきこんですまない」と謝るハチに

「お前らが悪いと思う事なんて1つもねェじゃねェか!!」

 作者の尾田栄一郎さんの「差別」に対する思い、怒りが、ルフィの言葉という形を取ってひしひしと伝わってくる。

「差別は、される側が悪いんじゃない。する側が悪いんだ!」という思いを。

 

 差別に対する闘い方にはいろいろある。

 学校の先生になって、次の時代を担う子どもたちに、しっかり人権学習で伝えていくのもその1つだ。

 お父さん、お母さんになった時、我が子に「人を大切にする」とはどんな事かを、しっかり話してやるのもその1つだ。

 市役所に勤めたり、政治家になって、社会全体を変えようとするのもその1つだ。

 尾田さんのように、売れっ子の漫画家になってから、作品を通して子どもたちに思いを伝えるのもその1つだ。

 君はどう闘う?

f:id:toshioh:20191229222501j:plain

 

 発売日より1日遅れでしたが、ONE PIECE95巻を近所のコンビニで買ってきました(^^)!

 今日一日で、歩いたのはコンビニの往復だけ。あとは家の中でゴロゴロして過ごしただけです。なので歩数は1216歩。

 昨日は餅つきとかしたので、それなりに身体を動かしましたが、今日はほんとに動いてません。

 正月太りまっしぐらですね(^^;)