もへちゃん先生の学級通信の資料置き場

もへちゃん先生の学級通信はhttps;./.moheblo.comに引っ越しました

「子どもたちにすすめたい歌」シリーズ⑤「トイレの神様(植村 花菜)」

 2019/9/4のブログ「寅さんとキャンディーズの蘭ちゃんと労働 」で紹介した「詩 便所掃除」は私の好きな詩の1つです。

 今回のブログは「詩 便所掃除」の中の一節「便所を美しくする娘は、美しい子どもをうむといった母を思い出します」を連想させるヒット曲を紹介した2018年度発行の通信からです。

べっぴんさんになれる

 学年だよりミニ76号で「詩 便所掃除」を紹介したところ、○○先生が「1組の1人が自学ノートでこんな素敵なことを書いてくれました」と教えてくれました。

記録32(1組 ○○さん)
 もへちゃん先生の学年だよりミニをみて「トイレ、きれいにみがいて、きれいな人になろう!」と思いました。

 実は男子トイレ担当の○○さんも「トイレをきれいにしたら美しい妻に会えるかもしれないんですよねぇ。頑張ろう」と張り切ってトイレ清掃をしています。臭くても逃げ出さなくなりました(笑)。

 さて、○○さんの記録32を読んで、私は植村 花菜さんが歌った「トイレの神様」という歌を思い出しました。流行ったのは2010年だからあなたたちは6~7才。覚えてるかな?

トイレの神様  植村花菜

f:id:toshioh:20191015215517p:plain


小3の頃からなぜだか、おばあちゃんと暮らしてた

実家の隣だったけど、おばあちゃんと暮らしてた

毎日お手伝いをして、五目並べもした

でもトイレ掃除だけ苦手な私に、

おばあちゃんがこう言った

トイレには、それはそれはキレイな

女神様がいるんやで

だから毎日キレイにしたら、

女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで

その日から私は、トイレをピカピカにし始めた

べっぴんさんに絶対なりたくて、毎日磨いてた

買い物に出かけた時には、二人で鴨なんば食べた

新喜劇録画し損ねたおばあちゃんを泣いて責めたりもした

トイレには、それはそれはキレイな

女神様がいるんやで

だから毎日キレイにしたら、

女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで

f:id:toshioh:20191015213553p:plain

鴨南蛮そば

少し大人になった私は、おばあちゃんとぶつかった

家族ともうまくやれなくて、居場所がなくなった

休みの日も家に帰らず、彼氏と遊んだりした

五目並べも鴨なんばも2人の間から消えてった

どうしてだろう、人は人を傷付け

大切なものをなくしてく

いつも味方をしてくれてたおばあちゃん残して、

ひとりきり家離れた

 

上京して2年が過ぎて、おばあちゃんが入院した

痩せて細くなってしまったおばあちゃんに会いに行った

「おばあちゃん、ただいまー!」ってわざと昔みたいに言ってみたけど

ちょっと話しただけだったのに「もう帰りー。」って病室を出された

 

次の日の朝、おばあちゃんは静かに眠りについた

まるでまるで、私が来るのを待っていてくれたように

ちゃんと育ててくれたのに、

恩返しもしてないのに、

いい孫じゃなかったのに

こんな私を待っててくれたんやね

 

トイレには、それはそれはキレイな

女神様がいるんやで

おばあちゃんがくれた言葉は、

今日の私をべっぴんさんにしてくれてるかな

トイレには、それはそれはキレイな

女神様がいるんやで

だから毎日キレイにしたら、

女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで

気立ての良いお嫁さんになるのが夢だった私は

今日もせっせと、トイレをピカピカにする

おばあちゃん
おばあちゃん
ありがとう
おばあちゃん、ホンマにありがとう

www.youtube.com

 ○○さん、きっとべっぴんさんになりますね(^^)
 他にも学校のトイレ清掃を一生懸命やってる人、家のトイレ清掃を一生懸命やってる人は男女問わずべっぴんさんになれるはずです(^^)

 「詩 便所掃除」は子どもたちだけでなく、同僚の先生方にもなかなかわかってもらえません。

 以前、午前中の内に学級通信を印刷して帰りの会で配れるようにして、午後からの出張に行ったことがあります。その日の通信に「詩 便所掃除」を書いていました。

 帰りの会に行ってくれた同僚は、いいセンスを持ってる方だったので、次の日、彼がどんな反応かなと楽しみにしてたのですが、特に反応無し。思わずこちらから「昨日の通信の詩、なかなかよかったやろ?」と聞いてみたら「面白い詩でしたね。あっはっはぁ」と軽く言われました。あの詩から受け取ってもらいたかったのは「労働の尊さ」だったんだけどなぁ…。

 一方、「トイレの神様」は紅白歌合戦でも歌われた曲だからか、子どもたちや若い先生も「聞いたことある」「知ってる」って感じです。帰りの会で、通信を読んだ後、曲と共に動画も見せたらバッチリ!

 でも「トイレの神様」だと「労働の尊さ」ではないなぁ。「命」とか「家族愛」って感じです。みなさんはどう思いますか?