もへちゃん先生の学級通信の資料置き場

もへちゃん先生の学級通信はhttps;./.moheblo.comに引っ越しました

アッシジの聖フランシスコの「平和の祈り」と◯中1千人署名

 ローマ教皇 フランシスコさんは、2019年11月24日、長崎市の爆心地公園で核兵器廃絶のスピーチをされました。

 私も何度も訪れたことがある爆心地公園。

 行って、その場でフランシスコさんのスピーチを聞きたかったなぁ(T_T)

 スピーチの最後に、現教皇フランシスコさんの名前の由来となったアッシジ聖フランシスコの「平和の祈り」を引用しました。

 現教皇フランシスコさんのスピーチはとても素敵なのですが、他のページを検索すれば全文を見つけられるので、このブログでは「平和の祈り」の部分以降を紹介します。

 

 ここにおられる皆さんの中には、カトリック信者でないかたもおられることでしょう。

 でも、アッシジ聖フランシスコに由来する平和を求める祈りは、私たち全員の祈りとなると確信しています。

 主よ、わたしをあなたの平和の道具としてください。

 憎しみがあるところに愛を、

 いさかいがあるところにゆるしを、

 疑いのあるところに信仰を、

 絶望があるところに希望を、

 闇に光を、

 悲しみあるところに喜びをもたらすものとしてください。

 記憶にとどめるこの場所、それはわたしたちをハッとさせ、無関心でいることを許さないだけでなく、神にもっと信頼を寄せるよう促してくれます。

 また、わたしたちが真の平和の道具となって働くよう勧めてくれています。

 過去と同じ過ちを犯さないためにも勧めているのです。

 皆さんとご家族、そして、全国民が、繁栄と社会の和の恵みを享受できますようお祈りいたします。

 

 私が子どもたちと長年とりくんできた核兵器廃絶署名も、アッシジ聖フランシスコに由来する平和を求める祈りそのものであるように思います。

 そこで今回は、初めて核兵器廃絶署名にとりくんだ日のことを書いた2008年9月30日の通信を紹介します。

1千人署名 第1弾「◯◯子どもまつり」

記録

今日、1千人署名に行きました。ステージで呼びかけなどをしたおかげで、けっこう集まりました。

f:id:toshioh:20191127213248j:plain

ステージから署名の呼びかけ

記録

今日、1千人署名がありました。なんと一日で200人を超してしまいました。すごかったです

 

記録

今日、◯◯で1千人署名をした。約260人も書いてくれた。ありがとうございました

f:id:toshioh:20191127213427j:plain

 バンドや吹奏楽でがんばった人もいる。

記録

本番のバンドは、まちがえませんでした。大成功しました。また来年もがんばります。

 

記録

今日、◯◯子どもまつりがありました。署名はなんと260ぐらい集まりました。私はブラスで忙しく、7人ぐらいしか集められなかったけどうれしいです。

f:id:toshioh:20191127213622j:plain

記録

今日は、1千人署名の第一歩を踏み出しました。今日だけで260人の署名が集まりました。これからもこの調子でがんばっていきます。

 

記録

今日は初の署名活動をしました!すすんで書いてくれる人もいたのでうれしかったです。「何のための署名?」とか「長崎までみんなで行ったの?」と興味深く聞いてくれました。250人以上も集められてよかったです。

f:id:toshioh:20191127213716j:plain

記録

◯◯子どもまつりで署名活動をしました。今日は200人以上集まったので、これからもがんばって1000人以上集めたいです。

 

記録

260人くらい署名が…(^0^;)すごい!!「1の1 1500人署名」にしましょうよ☆ 1人で家族全員の名前を書いてくれた人もいて、うれしかったです。これからもがんばろう

f:id:toshioh:20191127213736j:plain

写真を見せながら、署名を呼びかけ

記録

初めての署名活動で、僕は思いっきり声を出して、結果が250人以上集まってよかったです。

 

 行動結果を生み出した!

 大声で叫んだ人もいた。◯◯市長から署名をもらった人もいた。

 行動するって気持ちいいやろ!

 

 この日の通信のほとんどは、子どもが書いてきた4行日記で占められています。私からのコメントはごくわずかです。

 それほど署名活動にとりくんだ子どもたちの心が動いたということです。

 

 当時の私たちは、聖フランシスコの「平和の祈り」は知りませんでした。

 けれど、核兵器廃絶署名というとりくみは「平和の道具」と言えるのではないかなって思います。

 さらに、子どもたちが原爆の悲惨さを学び、それを憎しみ・恨みとするのではなく、核兵器廃絶に向けて行動することは

「憎しみがあるところに愛を、いさかいがあるところにゆるしを、疑いのあるところに信仰を、絶望があるところに希望を、闇に光を、悲しみあるところに喜びをもたらすもの」

であると思います。

 褒めすぎかなぁ。でも、それほど、私は「行動した」子どもたちが誇らしいのです(^^)