もへちゃん先生の学級通信の資料置き場

もへちゃん先生の学級通信はhttps;./.moheblo.comに引っ越しました

合唱指導(必勝法)

 昨日のブログで、具体的な合唱指導法を期待していたみなさん、ごめんなさい(_ _)

 まずは心だと思うので、先に「合唱指導 心意気編」を紹介しました。

 けれど心意気だけではもちろん金賞は獲れません。子どもたちのやる気スイッチが入ったら、もう「気合いだぁ」「口、開けろ~」は必要なくなります。だってほとんどの子がもう、そうしてるはずだからです。それなのに担任や合唱リーダーが「気合いだぁ」しか言わなければ、子どもたちの意欲はだんだん萎えていきます。

 やる気スイッチがすでに入った子どもたちには、次は自分たちが着実に伸びていっている実感が必要なのです。

 そこで、以前Facebookに書き込んだ合唱コンクール金賞の報告の記事を紹介します。

文化祭の合唱コンクール、金賞でした! 

f:id:toshioh:20190928221517j:plain

金賞発表の瞬間

 若い先生たちから、どんな練習してたんですかと尋ねられました。

 以前は「口、開けろー」「声、出せー」しか言ってませんでした(笑)
 Facebookで友だちになってくれてる元もへちゃん組のみなさん、ごめんなさい🙇

 『学び合い』にとりくむようになってから、「口、開けろー」「声出せー」にプラスして(今でもちゃんと言ってますよー 笑)、
 毎日の練習の前に
 「本日のめあて、第3フレーズ25秒の音程を覚えて、みんなで第3フレーズのハーモニーを楽しめるようになる」
と板書するようになりました。

 また、第3フレーズを頭出しできるようにした各パート用の範唱CD(上手な歌の入ったCD)とパート分のCDデッキを前もって準備しときます。

 あとは

  1. 声出し15:00〜15:05、
  2. 説明15:05〜15:08、
  3. パート練習15:08〜15:23
  4. 合唱15:23〜15:30」

と板書し、

 合唱の後に
 「上手い!明日は第4フレーズに進もう」
と言ったり、
 「下手!明日も第3フレーズね」
と言うだけです。

 子どもたちは有能だから、これでぐんぐん素敵な歌声になります。
 さらに、「素敵に歌える」って自信が、週一回の音楽の授業での「表現の工夫」の吸収の度合いを増加させます。

 明後日、町の音楽祭に出演します!

 

 Facebookの記事は短めなので補足します。

 以前『学び合い』を校内研究のテーマにして、全教科で「仲間を誰1人見捨てない授業づくり」にとりくみました。研究協力者の上越教育大の西川先生が来校した際、授業を参観してもらい、授業者にアドバイスしてもらいました。

 その中に音楽の先生がいらっしゃいました。専門は声楽。その日は合唱コンクールの自由曲の練習の授業でした。授業では専門的な解説をしながら、熱く語っていらっしゃいましたが、子どもの多くは頭の上に「?マーク」が2つも3つもあるかのようなまま、授業は進んでいきました。

 授業後、「今日、授業していた30数名の子どもたちに、将来、あなたのような声楽家になってほしいのですか?」

と西川先生は音楽の先生に尋ねられました。音楽の先生は首を振りました。

 「そうですよね。合唱曲を歌いこなしていくことで、音楽の心地よさや、声をそろえて歌うことの素晴らしさを伝えたいんですよね。子どもたちが音楽の素晴らしさを知り、今後の人生を豊かにしたいんですよね。」

 ならば、芸術科の先生はシェフになる必要はない。グルメでいいんですよ。先生の仕事は、子どもたち自身で練習できる環境を整えることと、練習結果を『うまい』とか『へた、やりなおし』と評価してやることです」と話されました。

 私はその話を聞いて「これだ!」と感じたのです。そして、これ以降、合唱指導が得意になったのです!

 

 例えば「20億光年の孤独」という合唱曲を歌うことになったとしたら、子どもたち自身で練習できる環境を整えるというのはこういうことです。

  1. まずCDデッキを4台(ソプラノ・アルト・テナー・バス)準備します。
  2. 歌をいくつかのフレーズに分けようと考えます。20億光年の孤独は8つくらいに分けたように思いますが…ずいぶん前なので忘れちゃいました。
  3. 範唱CDをフレーズに合わせて8つのフレーズに分けます(インデックスでもいいかな)。ソプラノ、アルト、テナー、バス、全パート入ってる歌、伴奏のみの6枚のCDでフレーズ分けをします。

 あとは記事に書いたように、その日の「めあて」を具体的に提示し、子どもたち自身が工夫しながら歌える環境の元、練習の時間を保障し、最後に評価して次の日の展望を語るだけです。

    この記事を読んだあなたは超ラッキー!なはず(笑)