もへちゃん先生の学級通信の資料置き場

もへちゃん先生の学級通信はhttps;./.moheblo.comに引っ越しました

「個の力」を高める、「受験は団体戦だ」の使い方?!

「1人の100歩より、100人の1歩」

という言葉があります。

「1人が100歩進む(進歩する)より、100人が1歩進む(進歩する)ほうが、より大きな力になる」

という意味です。

 もちろんその通りだと思います。

 でも、ひねくれている私は「1人の100歩」も大事だと思っています(^^)

 平和教育や人権教育など、変革を求めるとき、100歩先を進んで、

100人が1歩を踏み出せるよう力強く引っ張る存在が必要だったからです。

 

「受験は団体戦だ」

という言葉は、学力を高めるためにも、子どもたちの仲を深めるためにも大切な言葉であると、前回のブログで書きました。

 ひねくれている私はここでも「本当に大事?」と考えます。

 では、そのことについて書いた「3年7組学級記録 No.95」(2011年2月18日発行)を紹介します。

受験は…②

  僕が◯◯◯中に来て、初めて聞いた「受験は団体戦」という言葉は、高校とかで使っているところがあるらしい。

 インターネット検索で、こんな記録を見つけた。

 

「放課後は、毎日のように友だちと一緒に勉強しました。

『看護師』という同じ目標を持っていたので、お互い励まし合いながらできました。

最後までやりきれたのは、友だち・両親などからの励ましがあったからだと思います。」

 

 ここに書かれていることを読んで思うことは、

受験は他人との競争ではなく、

先生方や友だち、そして家族などみんなとお互い励まし合いながら、切磋琢磨することが必要であり、

それがうまくいくことによって「合格」が得られるのではないかということです。

 よく言われることですが「受験は団体戦」なのです。

 浜北西高生が、一致団結して受験に立ち向かうことが大事なのです。

 

 ちなみに「切磋琢磨(せっさたくま)」という言葉の

  • 「切」とは、骨を加工する時の作業を表し、
  • 「磋」とは、象牙を加工する時の作業を表し、
  • 「琢」とは、玉(ぎょく)を加工する時の作業を表し。
  • 「磨」とは、石を加工する時の作業を表す。

 骨も象牙も玉も石も、古代中国で装飾品として貴重な品だったから、

これらの作業には、手間と緻密(ちみつ)さが要求された。

 転じて

「同じことを志す者どうしが、互いに励まし合って向上しようとすること」

という意味となった。

 

 ただ「受験は団体戦だ」という言葉だけが1人歩きしちゃならんと、僕は思っている。

「みんなでやるぞー」

「俺たちはいけるぞ!」

「負けるわけがない!」

「がんばろー」

というふうに、団体のムードが盛り上がるのは悪くない。

 しかし、それが実態をともなっていなかったとしたら…。

 

 全員が本気で、志望校突破に向けて、ぎりぎりまでやれているんならいい。

  • 「負ける恐怖」をごまかしたい
  • 自分はぎりぎりまでやってないけど、そのことを忘れたい…

 そんな時にも、勢いのいい言葉で、みんなとの一体感を得ようとしてないだろうか?

 

 野球やバスケ、バレー、ソフト、サッカー、ラグビー吹奏楽…を経験したことがある人は実感できると思うが、

個人としての力量を確立できた者が団結した時こそ、最高のパフォーマンスを発揮できる。

f:id:toshioh:20200219201301j:plain

gogondayoさんによるイラストACからのイラスト

 受験は団体戦だけど、

1人ひとりが個人になったとき、すなわち、家庭学習の時に「戦い抜ける力」が必要なんだ。

1人、素振りをした日々
1人、ランニングをした日々
1人、フリースローをしつづけた日々…
 

 本当に勝つ力とは、地味で、丁寧で、地道で、謙虚なとりくみの中で作られる。

 1人ひとりが、石を磨くようなとりくみを求められている。

 

 

 受験勉強真っ只中の中3生に

「22時になったら、『あいつ、今頃がんばってるやろうなぁ』と、班の友だちのことを考えよう。そして『よ~し自分ももうひとがんばりするぞ』って心を奮い立たせよう」

なんてとりくみをすすめたことがあります。

 LINE等ではなく、「思う」ところがポイントです(笑)

 

 『学び合い』の考え方で授業を進めると、学校の授業中はともにがんばりあえます。

 まさに「受験は団体戦だ」です。

 

 でも、1人でやる家庭学習の時にも、友を思うことでがんばれるってこともあると思ったわけです。

 個の力を高めるために、仲間のがんばりを思う。

 私は、これも「受験は団体戦だ」と思います。