もへちゃん先生の学級通信の資料置き場

もへちゃん先生の学級通信はhttps;./.moheblo.comに引っ越しました

おすすめです!「子どもや保護者が一生忘れない。そんなドラマティックな学級開き」

 土日祝日は、「プチ・精神と時の部屋」(臨時休校で家にいる子たちに向けた通信)はお休みして、通常のブログ(過去の通信の紹介)に戻しています。

 私の住んでいる地域は、臨時休校が続きますが、4月6日は出校日で、4月20日に始業式の予定です。

 入学式は予定通り4月10日に行います。

 あなたの住まれている所は、いかがでしょうか?

 例え臨時休校中であっても、今週、入学式って学校はやはり多いのかな?

 体育館での式はなくとも、各教室で担任の先生と顔合わせくらいはあるのではないでしょうか。

 そこで今回は、過去の通信ではなく、過去発表した文章「子どもや保護者が一生忘れない。そんなドラマティックな学級開きをしちゃおう」を紹介しようと思います。

子どもや保護者が一生忘れない。そんなドラマティックな学級開きをしちゃおう

 新1年生が体育館での入学式が終わって、教室に入った後にする話

 いわゆる「学級開き」。

  1. 担任の自己紹介
  2. 担任としての抱負
  3. 小学校との違い
  4. 配布物の説明

 だいたいこんな感じでする先生が多いと思います。

 けれどこれって思いっきり「教師主導」ですよね。

 「学級開き」って、新1年生にとって中学校という全く未知な世界との「出会い」であり、その第一印象はその子の人生にとっても大きな影響を与えます。

 だからこそ、

先生が1人で前で延々と話してて、

子どもたちは、緊張して話を聞くだけ。

 そんなんじゃないドラマティックな「学級開き」がいいと私は思います。

 そこで、長く先生をしてきて、「これだ!」と自画自賛している学級開きを2つ紹介します。

①夢暗記の学級開き

 2005年度にとりくんだのが「夢暗記の学級開き」です。

 どういう方法か一言で言えば、

クラス全員の夢を調べておき、それを暗記して、一人ひとりと握手しながら、

「夢に向かってがんばれ」

って声をかけていくのです。

 夢については、生徒たちが卒業した小学校に電話して、

「子どもたちの夢を集約したものありませんか」

と聞きまくります。

 小学校では、たいてい卒業前の学校新聞などで「6年生の夢」みたいな特集があってたりするので、案外簡単に手に入ります。

 このことで小中連携の第一歩にもなればなぁと思ったりします。

 

「暗記するのって大変だ」と思うかもしれませんが、やってみると案外できるものです。

 この時は、万が一忘れてしまった場合のために、机の上に貼る生徒の名前の裏に、夢を書いておきました。

 忘れた場合

「このように不測の事態が起こっても、二重三重の策を考えています」

と言って保護者の笑いを誘うつもりでしたが、使うことはありませんでした。

夢暗記の学級開きの実際

 入学前に何回制服を着ましたか?

 採寸があったから一回は着たのかな。

 1回の人?2回の人?3回以上の人?

 〇〇さん、制服を着たときどう思いましたか?

 

とまず何気ない話から入ります。

 落語で言うところのマクラですね。

 そして、いよいよ本題です。

 

 入学前に制服を着た日の自分、その自分の未来に今、立っているのです。

 いよいよ中学生ですね。

 その思いは君だけじゃない。

 家の人もいろんな思いを持って今日の君を見ているはずです。

 今日ここに来て後ろで見ている家の人はもちろんだけど、仕事やいろんな都合で来られない人は、来られないからこそ

「うちの子、今頃教室でどんな話があってるのかなぁ。いよいよ中学生やなぁ」

って強く思うものです。

 この中には家の人が亡くなっている人もいます。

 魂があるかどうか先生にはわからないけど、もしあるのならきっと今日の君を誇らしげに見ているでしょう。

 君が中学に入るほど成長したことを、いろんな人が喜んでくれています。

 このクラスの誰もが大事にされているんです。

 だから先生は

「1人ひとりの思いを大事にしていく学級」

がいいと思うんです。

 誰もが大切にされている存在だからね。

 僕のクラスで卒業していった子たちの多くも、そんな1人ひとりの思いを大事にするクラスの中で自分の将来の夢をかなえられると信じ、かなえるために努力し、本当にかなえた人がたくさんいます。

 車を開発したい、本づくりの仕事がしたい、舞妓さんになりたい、美容師になりたい、先生になりたい…いつの間にか「信じればかなう」が合い言葉になりました。

 僕は、1人ひとりの思いを大事にすることが本当の自分を見つけることになり、自分の夢をかなえることになるって信じています。

 そして信じればかなうって思っています。

 だから、まず僕から君たち1人ひとりを大事にしようと思っています。

 けれど口だけなら何とでも言えます。

 そこで、君たちの夢を憶えてきました。

    僕の「君たちを大事にする」って心意気を今から証明します。


(出席番号1番の生徒の所に行き)

 〇〇 〇〇くん、君の夢は大工さんになることやね。がんばろうね。(強く握手)

 

(2番の生徒の所に行き)

 〇〇 〇〇くん、君の夢は野球選手、それもメジャーで活躍するほどの野球選手になりたいんだよね。がんばれよ、野球部で活躍しろよ。応援するよ。(強く握手)

 

(以後、くり返し)

 

 途中、わざと忘れたふりをしてみました。

 

 〇〇 〇〇さん、ええっと…君の夢は何だっけなぁ…

(生徒からも保護者からも不安感がひしひしと伝わってきます)

 ええっと…ええっと…わかった!

本の編集者だった。

(強く握手、生徒にも保護者にもホッとした空気が漂います)

がんばろうね。

 

 最後の1人と握手したとき、保護者から拍手をいただきました。

 後に同僚となった方が、そのときのクラスの子の保護者だったのですが

「あれは忘れられんよ。私、泣いたもん」

と言っていただきました(^^)


②名前の意味を伝える学級開き

 ところが、2008年度の4月は「夢暗記の学級開き」ができなくなりました。

 子どもたちが卒業した各小学校に「子どもたちの夢を教えてください」と電話したところ、そのうちの1校から「把握していない」と言われたからです。

 どうしよう(^^;)

 もう時間もないし…(>_<)

 

 前々回のこのブログで書いたペンギンさんの歌が頭の中で流れました。

 困ったときがチャンスです♪頭のよくなるチャンスです~♫

moheji.hatenadiary.jp

 ポクポクポクチーン

「名前の意味を伝える学級開き」が閃きました(^^)

 ちなみに、元ネタは金八先生の第5シリーズの23話「さよなら金八先生」です。

 

 インターネットで調べたら、文字の意味はすぐわかると思っていましたが、案外見つかりませんでしたを

 本屋に行ってあれこれ探したあげく、漢字の意味の解説がわかりやすく、かつ前向きな表現が多かった小学生用の漢字辞書「「楽しい漢字教室(ぎょうせい)」」を買ってきました。

(2020年の今は、インターネットで手軽に調べられます!)

名前の意味を伝える学級開きの実際

 マクラの部分は省略します。

(出席番号1番の生徒の所に行き)

〇〇 〇樹くん

 あなたの「樹」という字は、切り倒された木ではなく、地面に立っている木を表しています。

 雨から風から逃れる時、人は木に寄り添う。

 いろんなものを守れるってことを表してるんです。

 いい名前だ。よろしくね(強く握手)

 

(出席番号2番の生徒の所に行き)

〇〇 一〇くん

 あなたの「一」という字は全ての始まりを表します。

 そして1を表す文字はどこの国でも同じで棒を1本並べた形をしています。

 世界共通な文字を名前に持つ君は、世界に飛び出す人かもしれない。

 いい名前だ。よろしくね(強く握手)

 

(出席番号3番の生徒の所に行き)

〇〇 幸〇さん

 あなたの名前にある「幸」という字は辛いという字に横棒を一本増やしたものです。 誰もが辛い思いをしたとしてもあと一歩の努力の先に必ず幸せがあるってことを教えてくれてる。

 すてきな名前やね。よろしくね。(強く握手)


 中にはひらがなの名前もあります。

〇〇 あさひさん

 一番闇が濃いのは夜明け前って知っていますか。

 その闇を払う朝日は、人にとって希望の光なんです。

 あなたの名前にはそんな意味があるのです。

 いい名前やね。(強く握手)

f:id:toshioh:20200405220752j:plain

 学級開きの様子を撮影してくれた先生から

「次は自分の番って思ってる子がドキドキして待ってる表情がよかったよ」

と教えてもらいました。

 子どもたちの名前の意味を伝えた後、生徒の1人から

「先生の名前も教えてください」

と言われたのですが、

「いかん、みんなの名前を調べるのに一生懸命で自分のは調べとらんよ」

と言うと大爆笑でした。

 そこで2015年に、また「名前の意味を伝える学級開き」にとりくんだ時には、ちゃんと自分の名前の意味も伝えました。

 

 教室のドアのカギを開けることを「学級開き」と勘違いした新任の先生の話を聞いたことがありますが、とんでもない!

 「学級開き」とは、金八先生の卒業式の日の学活と同じくらい、先生の腕の見せ所、担任の先生の一世一代の見せ場だと私は思います。

 残念なことに、私がこの学級開きにとりくむようになったのは、2005年以降です。

 それ以前にもへちゃん組だったみなさん、ごめんなさい。

 若い頃は思いも、つかんかったとですm(_ _)m

 と、謝ったところで時は戻らないので、組合の青年部の学習会で「ドラマティックな学級開き」の話をしたり、職場の若い先生にアドバイスしたりしています。

 君の子どもにはドラマティックな学級開きが待っている未来のために(^^)/