もへちゃん先生の学級通信の資料置き場

もへちゃん先生の学級通信はhttps;./.moheblo.comに引っ越しました

受験当日のリスクマネジメント(危機管理)②「迷子」

 最近は、夏前~冬にかけて、たくさんの高校等で体験入学が実施され、多くの子どもが参加しているので、受験当日に迷子になることはないと思います。

 それでも中には受験校に1度も行ったことがないまま受験する子もたまにいます。

 また、スマホ等で道順を検索することもできますが、普段の中学校生活で携帯・スマホは禁止されているし、高校でも禁止されていることが多いため、受験当日に持って行く子はあまりいません。

 万が一、道を間違えたらどうしたらいいか。

 これも受験当日のリスクマネジメント(危機管理)だと思い、通信に書きました。

 では2018年1月22日発行の「◯◯◯◯中学校 3学年だよりミニ No.21」を紹介します。

迷子

 明日は福岡地区の私立専願入試。
 「専願」ということは「何としても合格したい」って思いから、その入試形態を選んだに違いない。

 いや、専願だけでなく、どの入試でも「何としても合格したい」って思いは同じか。

 10年ほど前、Aさんは◯◯高校の特進を受験した。

 学力特待生も本気で狙っていた。

 まじめで頑張り屋さんの彼は、昼休みも、家でも、もちろん授業中も、一生懸命勉強にとりくんでいた。

 そして私立受験の日

 Aさんともう1人が集合時間に表れなかった。


 2人とも寝坊するような人たちではなかったが、万が一と思い、家に電話をしてみた。
 もちろん寝坊してるわけもなく、余裕を持って家は出ていた。
 どうしたんだろうと気をもんで待っていると、教室での点呼の時間寸前に2人が着いた。

 聞くと「電車の駅を降りて、左に行かなくちゃいけなかったところを間違えて右に行った」とのこと。

 しばらく歩いて、もう着いてもいい頃なのにそれらしき建物が表れないから、近くの大人の人に聞いたら「あんたたち、反対の方向に来とるよ」と言われたそうだ。

 彼らはあわてて引き返した。

 間に合うかどうかのギリギリだったから、2人は走った。

f:id:toshioh:20200111182615j:plain

K-factoryさんによるイラストACからのイラスト

 2月なのに学校に着いたときは汗びっしょりだった。

  • 遅刻したことでの引け目
  • 走って汗をかいた不快感
  • テスト前の最後の見直しの時間が0

 実力の100%を発揮したら、学力特待として合格すると僕も思っていたAさんだったが、彼は特進には合格したものの、学力特待生としての通知は来なかった。
 実力を100%発揮できなかったのだ。

 明日は福岡地区の私立専願入試。

  • 時間にはゆとりを持つこと。
  • ピンチだと思ったら、自分だけでなんとかしようとするのではなく、まわりの人に相談すること(しかも早めに)。

 『学び合い』の授業でやってきたように、まわりの力を使ってでもピンチを切り抜けよう。

 

 「万が一、迷子になったら、『学び合い』の授業でやってきたように、まわりの力を使ってでもピンチを切り抜けよう」と帰りの会等で、口頭で注意してもいいのですが…。

 通信に書いてそれを帰りの会で「まる読み(句点まで読んだら次の人が読む)」し合ったら

  • 視覚…字を見る
  • 聴覚…読んでいるのを聞く
  • 触覚…自分が読むときの口の感覚

と、口頭で注意するより3倍の刺激で子どもたちの心に残るのではないかと思います。

 英単語や歴史年号、化学式…なんかを暗記する時と同じですね。

 単語帳等をながめて憶えるより、言いながら書く方が刺激が何倍もあって憶えやすくなります。