もへちゃん先生の学級通信の資料置き場

もへちゃん先生の学級通信はhttps;./.moheblo.comに引っ越しました

沖縄慰霊の日 平和の詩 2004

沖縄慰霊の日 平和の詩 一覧

 今日6月23日は、沖縄慰霊の日です。

 過去の沖縄慰霊の日で読まれた「平和の詩」を探したら、ひとまとめになっているサイトがなかったので、ここ「もへちゃん先生の学級通信の資料置き場」にまとめようと考えました。

2004沖縄慰霊の日 平和の詩

戦争をしないと決めたこの国で

首里高校3年 金城実倫

 

6月23日

沖縄

梅雨明けの暑い夏の日

強い太陽の日差し

やむことのない島風

どこまでも広がる碧い空と海

それら全てが

この島々に調和し

いつも変わらぬまま

生きている

いつもより静かなこの日

蝉の鳴き声だけが

聞こえていた

 

正午

島の人々は

摩文仁に向って

静かに目を閉じた

ある者は未来を夢見て

ある者は過去を見つめて

そして涙を堪えて

目を閉じた

 

59年前

第2次大戦末期

沖縄

太陽の日差しは

黒く淀んで

島風

爆風へと変わっていった

 

碧い空と海には

多種多様の鉄の玉が飛び交い

赤褐色に染まっていった

 

人々は逃げた

2人で逃げかくれた

一緒に守り合った

 

でも

撃たれた

苦しみながら死んでいった

泣きたかった

 

でも

泣けなかった

叫びたかった

 

それでも

叫べなかった

恨んだ

憎んだ

 

そして

悲しんだ

切なかった

死にたくなった

持ってる手榴弾

死にたくなった

 

でも

怖くて死ねなかった

怖くて死ねなかった

だから生きた

生き抜いた

 

でも

見るもの全ては

地獄だった

つらかった

 

兵隊が

同じ仲間に銃を向けている

子どもにも銃を向けている

その光景が

80日間

毎日のように

毎秒のように

繰り広げられた

 

人間が人間でなくなる

そのものだった

 

涙を堪えたおばあ

記憶に残るあの悲劇

1分間

おばあの中で甦った

堪えた涙はたえきれず

こぼれ落ちた

 

目を開けた

摩文仁に向って閉じてた目を開けた

今の沖縄を見た

 

家の庭先には

柵がある

どこまでも

どこまでも続く柵

強い太陽の日差しの下

子どもたちは柵の前で

楽しく遊んでいる

柵の向こうには

銃を持っている軍人が

汗を流しながら立っている

 

おばあは

その銃を睨んだ

 

そして

空には容赦なく

米軍機が飛び交い

爆音が

子どもたちの笑う声を

かき消していく

 

おばあは

また涙をこぼした

忘れたくても

忘れられないあの悲劇

でも

忘れてはならないあの日々を

 

おばあは

そっと孫たちに

「戦争」の悲惨さ

おろかさを

そして

「命」の尊さを

教えた

 

あの日々を

二度と

二度と繰り返さないために……

 

また世界のどこかで

「戦争」が起きている

 

人は何を求め

何を奪うために

「戦争」をするのか

 

残酷と悲劇の産物である

「戦争」

 

おばあたちが教えてくれた

あの「戦争」

 

私たちはどうすればいいのか

どうしようもないのか

どうすることもできないのか

 

いや

そうではない

そうではないはずだ

私たちは

生きている

私たちは

生きているのだから

考えることができるのではないか

話合うことができるではないか

 

だから

目を逸らさずに

見つめていこうではないか

今世界で何が起きているのかを!

「命」の尊さ

自然のすばらしさを!

そして

「平和」の真の意義を!

戦争をしないと決めたこの国で……