もへちゃん先生の学級通信の資料置き場

もへちゃん先生の学級通信はhttps;./.moheblo.comに引っ越しました

命の唄「被爆者 歌う会 ひまわり」と「ルンバー海賊団」

長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典は、被爆者だけで構成されている合唱団被爆者 歌う会 ひまわり」による合唱「もう二度と」で始まりました。

一番若い方で74歳だそうです。f:id:toshioh:20190809184053j:image

 

今日は、過去の学級通信の紹介ではなく、未来の通信を紹介します。

えっ?どういうことかって?

子どもたちが好きな漫画ONE PIECEと「被爆者 歌う会 ひまわり」を重ねて記事を書いてみて、いい感じだったら夏休み明けに通信として出そうかなーってことです😊

 

 

命の唄

 

2019年の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典は、被爆者だけで構成されている合唱団「被爆者 歌う会 ひまわり」の合唱で始まりました。

一番若い方で74歳だそうです。

暑い暑い中、リハーサルや本番で、直射日光の下、真剣に歌われる姿を見ながら心配になりました。

私の父が79歳で亡くなったから余計にそう思ったのかもしれません。

被爆者の平均年齢が82歳を超えたと昨日、県知事さんが言われていました。

この合唱団もいずれ1人欠け、2人欠けていくのかな?

寂しいし、そうならないでほしいけど、きっとそうなっていくんだろうなぁ。

 

ふと漫画ONE PIECEの「命の唄」(50巻488話)を思い出しました。

 

ブルック率いるルンバー海賊団(歌の大好きな者が集まっている海賊団)が敵と戦い、みんな瀕死の重傷を負いました。しかも矢には毒が塗ってあることがわかります。

海賊なのでいつでも死ぬ覚悟はありましたが、遠くの海に残してきた仲間のことが気がかりで、最後に合唱して、録音したものを、残してきた仲間に届けようということになります。

f:id:toshioh:20190809145237j:image

f:id:toshioh:20190809145256j:image

f:id:toshioh:20190809145309j:image

f:id:toshioh:20190809145347j:image力尽きて倒れていく仲間たち

f:id:toshioh:20190809145404j:image歌声はどんどん少なくなり「これじゃ四重奏(カルテット)」「三重奏(トリオ)」「二重奏(デュエット)」…

f:id:toshioh:20190809145415j:image

f:id:toshioh:20190809145807j:image

 

今日の祈念式典で長崎市長の田上さんの長崎平和宣言の中に次のような一節がありました。

世界の市民社会の皆さんに呼びかけます。

戦争や被爆体験を語り継ぎましょう。戦争が何をもたらしたのかを知ることは、平和をつくる大切な第一歩です。

(中略)

人の痛みがわかることの大切さを子どもたちに伝え続けましょう。それは子どもたちの心に平和の種を植えることになります。

平和のためにできることはたくさんあります。あきらめずに、そして無関心にならずに、地道に「平和の文化」を育て続けましょう。そして、核兵器はいらない、と声を上げましょう。それは、小さな私たち一人ひとりにできる大きな役割だと思います。

f:id:toshioh:20190809184410j:image

 

被爆者 歌う会 ひまわりが歌った「もう二度と」には次のような歌詞がありました。

覚えていますか ヒロシマナガサキ

いのちも愛も燃え尽きたことを

もう二度と作らないで わたしたち被爆者を

あの忌まわしい日を繰り返さないで

 

あと20年すれば被爆者の方はほとんどいらっしゃらなくなるでしょう。

被爆者 歌う会 ひまわりの方たちの思いや、戦争体験者や被爆者の方の体験を語り継ぎ、地道に「平和の文化」を育て上げていくのは今なんだなと改めて決意しました。

 

もしあなたが先生で、使えそうだったら、コピペしてお使いください😊